個人挨拶状文例_文永堂-文例集・法人挨拶状・個人挨拶状・仏事挨拶状

個人挨拶状文例_文永堂

例文1

拝啓 ○○の候 ますますご健勝のことと心からお慶び申し上げます

さて 私こと

○○○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました

○○○○在勤中は公私ともに大変お世話になり 深く感謝いたしております

今後とも相変わらぬご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文2

拝啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

○月○日付をもちまして○○○○勤務を命ぜられこの程着任いたしました

○○○○在勤中は公私ともに格別のご厚情を賜り厚くお礼申し上げます

今後ともより一層のご指導ご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文3

拝啓 ○○の候 皆様にはますますご清栄のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

この度の異動により ○○○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました

○○○○在勤中は公私にわたり格別のご厚情を賜りまして 有難く厚くお礼申し上げます

新任地におきましては 微力ながら社業の発展に最善の努力を尽くす所存でございますので今後とも一層のご指導ご鞭撻の程よろしくお願い申し上げます

末筆ではございますが皆様のご多幸をお祈り申し上げ お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文4

拝啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

この度 ○月○日付をもちまして○○○○勤務を命ぜられました

○○○○在任中は 公私ともに格別のご指導ご厚情を賜り 心より厚くお礼申し上げます

新任地におきましては 初心にかえり決意を新たに誠心努力いたす所存でございますので

今後とも倍旧のご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文5

拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

この度、Ο月Ο日をもちまして弊社ΟΟ支店勤務を命ぜられ過日着任いたしました。

皆様には、ΟΟ在勤中に格別のご厚情を賜り深く感謝いたしております。

新任地におきましても、一層の努力をしてまいる所存でございますので、今後ともご指導

ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

略儀ながら書中をもちましてお礼旁々ご挨拶申し上げます 。

敬 具

 

平成Ο年Ο月Ο日

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文6

拝啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私儀

○月○日付をもちまして○○○○勤務を命ぜられ 過日着任いたしました

○○○○在勤中は公私ともに格別のご厚情を賜り有難く厚くお礼申し上げます

新任地におきましても微力ながら努力精進いたす所存でございますので なにとぞ一層の

ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文7

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私儀

このたび○○○○勤務を命ぜられ ○月に赴任することとなりました

初めての地で何かと不安もございますが 熱意をもって職務に精励いたす覚悟でございます

○○在勤中の公私にわたるご支援を感謝いたしますとともに 今後とも一層のご指導

ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもちましてご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文8

拝啓 ○○の候 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

この度○○○○○○勤務を命ぜられ 過日着任いたし住居を左記に転居いたしました

○○○○在任中は公私にわたり格別のご芳情を賜り 有難く厚く御礼申し上げます

新任地におきましても微力ながら心を新たにして精励いたす所存でございますので

何卒倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

なお お近くにお越しの節は是非お立ち寄り下さいませ 心からお待ちいたしております

まずは略儀ながら書中をもちましてお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文9

拝啓 ○○の候 いよいよご清栄のこととお喜び申し上げます

さて 私こと

このたび○○○支社勤務を命ぜられ過日着任いたしました

○○支店在勤中は公私ともに格別のご厚情を賜り有難く厚くお礼申し上げます

○○は初めての土地ですが全力を尽くす所存ですので 今後とも一層のご指導を賜ります

ようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文10

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび ○○○○株式会社に出向を命ぜられ このほど着任致しました

○○○○株式会社○○支店に在勤中は 公私ともにひとかたならぬご芳情を賜り

誠に有難く厚くお礼申し上げます

今後は新任地におきまして新たな業務に精進致す所存でございますので なにとぞ倍旧の

ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文11

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび 財団法人○○○○○○○に出向を命ぜられ このほど着任致しました

○○○○株式会社に在勤中は 公私ともにひとかたならぬご芳情を賜り 誠に有難く厚く

お礼申し上げます

今後は新任地におきまして新たな業務に精進致す所存でございますので なにとぞ倍旧の

ご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文12

転勤挨拶状

 

拝啓 ○○の候 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび○○○○勤務を命ぜられ過日着任いたしました

○○○○在勤中は公私にわたり大変お世話になり厚くお礼申し上げます

新任地におきましても心を新たにして努力する覚悟でおりますので

今後とも一層のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

末筆ではございますが皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げ

お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬具

平成○○年○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文13

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のことと存じます

さて このたび私は 社命により○○○○へ転勤することになりました

初めての海外勤務なので多少の不安はありますが 社業発展のために全力を尽くす所存です

○○○○在勤中は 公私にわたり格別のご厚誼を賜り改めて深く感謝申し上げます

今後は遠く隔たりますが 変わらぬご厚誼を頂戴できれば幸甚に存じます

まずは転勤のご挨拶まで申し上げます

敬具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文14

謹啓 ○○の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび ○○○○高等学校転任を命ぜられ過日着任いたしました

○○○○高等学校在任中は長年にわたり公私共々大変お世話になりました

改めて心からお礼申し上げます

もとより微力ではありますが新任地におきましても精一杯努力する所存でおりますので

今後とも一層のご指導とご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

末筆ではございますが皆様のご健康とご多幸を心よりお祈り申し上げます

まずは書中にてご挨拶まで申し上げます

謹言

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文15

謹啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

○月○日をもちまして○○○○病院へ配置換を命ぜられこのほど着任いたしました

○○○○病院在勤中は公私にわたり格別のご懇情を賜り厚くお礼申し上げます

今後は新たな職場において なお一層精励する決意です

皆様には引き続き変わらぬご指導とご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中にてお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬白

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文16

謹啓 ○○の候 皆様には ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて 私こと

このたび○○市立○○小学校に勤務を命ぜられ過日着任致しました。

○○市立○○小学校在任中は公私共に格別のご指導とご厚情を賜り大変有意義に勤めさせ

ていただきましたことを厚く御礼申し上げます。

新任地におきましても微力ながら職務に精進致す所存でございますので何卒一層のご指導

ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます。

末筆ながら皆様のご健康とご多幸をお祈り致します。

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。

敬 具

平成○○年○月

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

例文1

拝啓 皆様におかれましては、ますますご健勝のこととお慶び申し上げます。

この度、私どもは左記へ転居いたしましたので、お知らせいたします。

場所は、ΟΟ線ΟΟ駅から徒歩で15分のところです。

近くへおい出での折は、どうぞお立ち寄りください。

まずはご通知まで 。                           敬 具

平成○○年○○月

 

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文2

引越しのお知らせ

 

○○の候,皆様におかれましては、ますますご健勝のことと存じます。

さて、このたび私どもは左記にへ引越しました。

近くには、桜で有名なΟΟ公園があり、閑静な住宅街といったところです。

近くへお寄りの節は、ぜひご一報ください。皆様のお越しをお待ちしております 。

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文3

拝啓 ○○の候、皆様におかれましてはご健勝のことと存じます。

さて、このたび私たち家族は長年住み慣れた○○○から△△△へ引っ越しました。

以前のアパートは手狭でしたので、今度は3DKの広さのマンションにしました。

最寄の駅は、□□□□で、そこから徒歩で10分程のところです。

お近くにおいでの折は、お気軽にお立ち寄りください。

皆様のご健康をお祈りしまして、転居のご挨拶を申し上げます 。

敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文4

拝啓 皆様にはお元気でお過ごしのこととお慶び申し上げます

さて このたび 左記へ転居いたしました

お近くにお越しの節は どうぞお気軽にお立ち寄り下さい

まずはご挨拶かたがたお知らせ申し上げます

敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文5

拝啓 ○○の候 益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

さて この度 私宅 左記に転居いたしましたのでお知らせいたします

今後ともよろしくお願い申し上げます

お近くへお越しの節はぜひお立ち寄りくださるようお待ち申し上げます

敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文6

拝啓 ○○の候 皆様にはその後いかがお過ごしですか

おかげさまで私どもも皆元気で暮らしております

さて このたび 左記のところに転居いたしました

近くにお出かけの節は是非お立ち寄りください まずはお知らせかたがたご挨拶まで

敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文7

謹啓 ○○の候 皆様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび左記に転居いたしましたのでお知らせ申し上げます

機会がありましたら是非ご来宅下さいますよう今後のご交誼も合わせてお願い申し上げます

末筆ではございますが皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈りし、略儀ながら書中をもって

ご挨拶申し上げます                           敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文8

拝啓 ○○の候 皆様にはご健勝のこととお慶び申し上げます

私儀

このたび左記に転居いたしましたのでお知らせ申し上げます

前住所在住中はいろいろとお世話になりました

ご厚情の程まことに有難く厚く御礼申し上げます

今後ともよろしくご交誼賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文9

拝啓 ○○の候 皆様ますますご健勝のことと存じます

さて 私こと 永年の念願がかない 左記に住居を新築し転居致しました

これもひとえに皆様方日頃のご支援の賜ものと厚く御礼申し上げます

お近くへお越しの節は是非お立ち寄り下さるようお待ち申し上げます     敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文10

 

転居のお知らせ

拝啓 ○○の候 皆様にはますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて、このたび左記住所へ転居しましたのでお知らせいたします。

お近くにおいでの際は、是非お立ち寄りください。

今後とも変わらぬご交誼の程よろしくお願いいたします。          敬 具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文11

拝啓 永らくご無沙汰いたしておりますが皆様にはお変わりもなくお過ごしでございま

しょうか

私共もお蔭様で家族みんな至極元気で暮らしております

さて 私宅 このたび左記住所へ移転いたしましたので取り敢えずお知らせいたします

付近へお越しの節には是非一度お立ち寄りください お待ち申し上げております

今後ともよろしくお願い申し上げます

敬具

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

 

例文12

このたび 住みなれた土地を離れ左記へ転居いたしました

都会から離れ多少不便ですが自然がいっぱいです

お近くにおいでの折には ぜひお立ち寄り下さい

平成○○年○○月

 

〇 〇 〇 〇

〇〇〇〇〇〇〇

〇〇〇〇〇〇〇

文例1

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のことと拝察申し上げます

さて 私こと

このたび 株式会社○○○○へ出向を命ぜられました

□□□□株式会社在勤中は ひとかたならぬご厚情を賜り有難うございました

新任地におきましても心新たに業務に精励いたす所存でございますので何卒より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○○月

 

文例2

 

謹啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて このたび○○○○株式会社への出向を命ぜられこのほど着任いたしました。

□□□□株式会社在勤中は公私ともに何かと格別のご懇情を賜り、お蔭様で大過なく勤務できました。有難く厚くお礼申し上げます。

新任務は厳しい経済環境のもとで多難かと存じますが、心を新たに微力を傾注する所存でございますのでなにとぞ一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。              敬 具

平成○○年○○月

 

文例3

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび 系列会社の株式会社○○○○に出向を命ぜられ このほど着任致しました

株式会社□□□□に在勤中は 公私ともにひとかたならぬご芳情を賜り 誠に有難く厚くお礼申し上げます

今後は新任地におきまして新たな業務に精進致す所存でございますのでなにとぞ倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます               敬 具

平成○○年○○月

文例1

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のことと拝察申し上げます

さて 私こと

このたび 株式会社○○○○へ出向を命ぜられました

□□□□株式会社在勤中は ひとかたならぬご厚情を賜り有難うございました

新任地におきましても心新たに業務に精励いたす所存でございますので何卒より一層のご支援ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○○月

 

文例2

 

謹啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

さて このたび○○○○株式会社への出向を命ぜられこのほど着任いたしました。

□□□□株式会社在勤中は公私ともに何かと格別のご懇情を賜り、お蔭様で大過なく勤務できました。有難く厚くお礼申し上げます。

新任務は厳しい経済環境のもとで多難かと存じますが、心を新たに微力を傾注する所存でございますのでなにとぞ一層のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます。

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます。              敬 具

平成○○年○○月

 

文例3

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび 系列会社の株式会社○○○○に出向を命ぜられ このほど着任致しました

株式会社□□□□に在勤中は 公私ともにひとかたならぬご芳情を賜り 誠に有難く厚くお礼申し上げます

今後は新任地におきまして新たな業務に精進致す所存でございますのでなにとぞ倍旧のご指導ご鞭撻を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます               敬 具

平成○○年○○月

文例1

ΟООΟ 様

拝啓 ○○の候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

私は、この度ΟΟ大学を卒業しまして株式会社ОΟОΟで勤務いたすこととなりました。このうえは、一日も早く仕事に慣れ、お客様に信頼されるよう精進しててまいる所存です。

今後ともかわらぬご指導、ご鞭撻を賜りますようお願いいたします。

略儀ながら書中をもちましてご挨拶を申し上げます 。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

 

勤務先 〒000-0000 00000000000000000

株式会社 ОΟОΟ

TEL 03-1234-5678 FAX 03-1234-5679

メール ******@*****.com

新住所 〒000-0000 ΟΟ県ΟΟ市ΟΟ町00番1号

電話番号 000-000-0000

ΟО ОΟ

 

 

 

文例1

 

 

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

 

さて 私儀

 

     年間勤務致しました○○○○を退職し ○○○○に勤務致すことになりました 

 

○○○○在勤中は長年にわたり公私ともに格別のご高配を賜り 有難く厚くお礼申し上げます

 

今後は新天地において一層精励致す所存でございますので なにとぞ倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます

 

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

 

 

平成○○年○月

 

○○○○ 株式会社

 

○○ ○○

 

000-0000 00000000000000000

 

¨

 

文例2

 

 

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

 

さて 私こと

 

このたび ○○○○を○月○日付をもって円満退社させていただきました

 

在職中は公私ともに格別の御芳情に預かりまことに有難うございました 

 

厚く御礼申し上げます

 

今後は 家業の○○○○を継承することになりました

 

心新たに鋭意努力いたす次第でございますので ご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます

 

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

 

 

平成○○年○月

 

000-0000 00000000000000000

 

○○ ○○

 

電話番号 000-000-0000 

 

 

 

文例3

 

 

拝啓 ○○の候 ますます御清祥のこととお慶び申し上げます

 

さて 私こと

 

このたび ○○○○○○を退社し○○○○○○に勤務いたすことになりました

 

○○○○○○○在勤中は長年にわたり公私ともに格別の御高配を賜りありがたく厚くお礼申し上げます

 

新しい職場で一層鋭意努力していくつもりですので 今後ともご指導ご支援の程宜しくお願い申し上げます

 

まずは略儀ながら書中にてお礼かたがた御挨拶申し上げます

 

 

平成○○年○月

 

 

 

文例4

 

 

拝啓 ◯◯の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

 

                          さて 私儀

 

このたび 一身上の都合により◯◯◯◯を退職し◯◯◯に勤務いたすことに相成りました

 

◯◯◯◯在勤中は公私ともに格別のご高配を賜り有難く厚く御礼申し上げます

 

これを機にさらに研鑽を積み 社業の発展に貢献したいと存じております

 

何卒今後とも倍旧のご指導ご交誼を賜りますようお願い申し上げます

 

まずは書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

 

末筆ながら今後の益々のご発展 ご多幸を心よりお祈り申し上げております

 

敬 具

 

 平成◯◯年◯月

 

 

 

文例5

 

 

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

 

  さて 私儀

 

○○年間勤務致しました株式会社○○○○を退職し △△△株式会社に勤務致すことになりました 

 

○○○○在職中は長年にわたり公私ともに格別のご高配を賜り 有難く厚くお礼申し上げます

 

今後は新天地において一層精励致す所存でございますので なにとぞ倍旧のご指導ご支援を賜りますようお願い申し上げます

 

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます               敬 具

 

平成○○年○○月

 

 

 

文例6

 

 

拝啓 ○○の候 皆々様には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

 

平素は格別のご厚情をいただき心よりお礼申し上げます

 

  さて 私こと

 

このたび ○○○○を○○月○○日に退職し△△△に入社することとなりました

 

自分のもてる能力をさらに発揮したいというのが転職の理由ですが今後ともご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます

 

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます               敬 具

 

平成○○年○○月

 

 

 

文例7

 

 

拝啓 ○○の候 皆様ますますご活躍のことと存じます

 

   さて 私こと

 

このたび ○○○○○○を退社し郷里の○○○で家業を継ぐことになりました 

 

前職中は なにかとご厚情を賜り誠にありがとうございました

 

おかげさまで大過なく職責を果たすことができました 

 

今後は 地元で○○の仕事を行いますが皆様のご指導を忘れずに精一杯努力する所存です これからも変わらぬご指導のほどよろしくお願い申し上げます

 

なお ○○○へお越しの際は ぜひお立ち寄りください

 

まずは略儀ながら書中にてご挨拶申し上げます

 

                                    敬具

 

 

 

 平成○○年○○月

文例1

拝啓 ○○の候 ますますご清祥のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび ○○○○を○月○日付をもって円満退社させていただきました

在職中は公私ともに格別の御芳情に預かりまことに有難うございました 

厚く御礼申し上げます

今後は 家業の○○○○を継承することになりました

心新たに鋭意努力いたす次第でございますので ご指導ご支援のほどよろしくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000  

 

文例2

拝啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび○○○○を退職いたしました

在職中は公私にわたり大変お世話になり 有難く厚く御礼申し上げます また退職に際しましては 温かいお心遣いをいただき有難うございました

今後は かねてからの夢であった○○○○開業に向け 準備を進めて参りたいと思います

つきましては なにとぞ今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

文例3

拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます

  さて 私こと

このたび ○○○○○○○○を退職いたしました

長い歳月大儀なく大過なく勤めさせていただきましたことはひとえに皆様のご厚情の賜と深く感謝いたしております

今後とも何とぞ変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもって お礼かたがたご挨拶申し上げます

                                     敬具

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

 

文例4

拝啓 ○○の候 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

   さて 私こと

このたび○○○○○○を退職いたしました

○○年の長きにわたり勤めさせていただくことができましたのも

ひとえに皆様方のご厚誼とご指導の賜物と只々感謝の気持ちで一杯でございます

心から厚く御礼申し上げます

いたらぬ私ではございましたが 皆様方のおかげで大過なく勤めさせていただき大変喜んでおります

今後とも何とぞ変わらぬご厚誼をお願い申し上げます 

まずは書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

                                敬具

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

 

文例5

拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます

  さて 私こと

このたび 一身上の都合により退職させていただくことになりました

公私にわたり色々とお世話になりましたことを厚く御礼申し上げます

まずは取り急ぎ書中をもちまして御礼かたがたご挨拶申し上げます

                              敬具

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

 

文例6

拝啓 ○○の侯 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます

   さて 私こと

このたび○○月○○日をもちまして○○○○を退職させていただきました

在職中は格別なご指導とご鞭撻を賜り厚く御礼申し上げます

今後はしばらく休息をとった後に復職を考えております

その節には再びご厚情を賜ることがあろうかと思いますが何とぞ宜しくお願い申し上げます

まずは退職のご挨拶まで申し上げます

                                   敬具 

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

 

文例7

拝啓 時下ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと この度○○○○を退職いたしました

在職中は皆様方にいろいろとお世話になり厚く御礼申し上げます

○月中は業務引継ぎ等があり出社しておりましたが この程無事引継ぎも終了いたしました

退職に際しては皆様方から暖かい惜別やお励ましのお言葉をいただき 誠にありがとうございました

○○○○での貴重な経験を心の糧として 次の人生に向けて出発したいと思います

今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます

末筆ながら 皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます

                                  敬具

平成○○年○月

000-0000 00000000000000000

○○ ○○

電話番号 000-000-0000 

定年退職挨拶状文例1

拝啓 ΟΟの候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、私こと、このほどΟ月Ο日をもちましてОΟО○○を定年退職いたしました。

昭和Ο年に入社してからΟ年間にわたり、つつがなく今日を迎えられましたのも、ひとえ

に皆様方のご指導とご温情の賜物と感謝申し上げる次第です。

また、今後は縁あって△△△△へ再就職も決まり、新たな気持ちで第二の人生のスタート

を切ることができましたので、 今後とも、これまで同様のご交誼を賜れば幸いに存じます。

末筆ながら、皆様の今後のご健康とより一層のご発展をお祈りしましまして、略儀ながら

書中をもってお礼旁々 ご挨拶申し上げます 。

敬 具

 

平成Ο年Ο月Ο日

新勤務先 △△△△

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

FAX番号 000-000-0000

〒000-0000 00000000000000000

ΟО ОΟ

 

文例2

拝啓 ΟΟの候、皆様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、私こと、Ο月Ο日をもちましてОΟОを定年退職いたしました。

昭和Ο年に入社してからΟ年間にわたり、つつがなく今日を迎えられましたのもひとえに

皆様方のご指導とご温情の賜物と感謝申し上げる次第です。

今後は、引き続き同社の嘱託として勤務を続けることとなりましたので、これまで同様の

ご交誼を賜れば幸いに存じます。

末筆ながら、皆様の今後のご健康とより一層のご発展をお祈りしましまして、略儀ながら

書中をもってお礼旁々 ご挨拶申し上げます 。

敬 具

平成Ο年Ο月Ο日

 

ΟО ОΟ

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

 

文例3

拝啓 春暖の候、皆様ますますご健勝のこととお喜び申し上げます。

さて私こと、○月末を持ちまして株式会社○○○○を定年退職いたしました。

在職中は公私にわたり、ご指導ご鞭撻を賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。

今後ともご支援ご指導を賜りますようお願い申し上げます。

まずは御礼かたがたご挨拶まで申し上げます。                敬具

平成○○年○月○日

ΟО ОΟ

〒000-0000 00000000000000000

 

文例4

拝啓 ○○の候 皆様方にはますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび ○○○○株式会社を定年退職いたしました

入社以来 公私にわたりひとかたならぬご懇情を賜り まことにありがとうございました

おかげをもちまして在職○○年の間大過なく勤めることができ 感無量でございます

あらためてありがたく厚くお礼申し上げます

なお引き続き△△△株式会社に勤務いたすことになりましたので今後とも一層のご指導と

便宜を賜りたくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもって お礼かたがたご挨拶申し上げます       敬 具

平成○○年○○月

ΟО ОΟ

 

文例5

謹啓 ○○の候 皆様には益々ご清栄のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

○○月○○日をもちまして○○○○○を定年退職いたしました

在職中は公私共に格別のご指導ご厚情を賜わりまことに有難うございました

厚くお礼申し上げます

なお○○月から○○○○○に勤務することになりました

在職中に賜りました皆様方からの教訓を大切に心新たに職務に専心努力して参りますので

今後とも変らぬご支援ご交誼を賜りますようお願い申し上げます

末筆ながら皆様のご健勝とご多幸をお祈り申し上げご挨拶と致します      敬 具

平成○○年○○月

 

文例6

拝啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび○○○○を退職いたしました

在職中は公私にわたり大変お世話になり 有難く厚く御礼申し上げます

また退職に際しましては 温かいお心遣いをいただき有難うございました

今後は かねてからの夢であった○○○○開業に向け 準備を進めて参りたいと思います

つきましては なにとぞ今後とも変わらぬご指導ご鞭撻を賜りますようお願いいたします

まずは略儀ながら書中をもってお礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

ΟО ОΟ

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

 

文例7

拝啓 ○○の候 皆様には益々ご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび 一身上の都合により○○○○○○を退職いたしました

公私にわたり色々とお世話になりましたことを厚く御礼申し上げます

まずは略儀ながら書中をもって お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

○○年○月

 

文例8

拝啓 ○○の候 ますますご清栄のこととお喜び申し上げます

さて 私こと

結婚のため○月○日を持ちまして○○○○○○を退職いたしました

在職中は皆様方の温かいお力添えのおかげで充実した会社生活を過ごすことができました

心から感謝しております

しばらくは家庭に専念したいと思っておりますが 今後とも何卒よろしくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもって お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

 

文例9

謹啓 ○○の候 皆様には御清祥の事とお慶び申し上げます

さて 私儀

○月末日をもちまして○○○○を退職致しました

思えば永い歳月大過なく勤めさせて頂きましたことは 偏に皆様の温いご指導とご厚情の

賜物と深く感謝申し上げます

人生の一転機を迎え 今後とも実りあるものとしたいと念願致しておりますので 何卒変

わらぬご交誼を賜りますようお願い申し上げます

早速拝眉の上親しく御礼申し上げるべきが本意でございますが 略儀ながら書中をもって

御礼傍々御挨拶申し上げます

敬 白

平成○○年○月吉日

 

文例10

拝啓 ○○の候 皆様にはますますご清栄のこととお喜び申し上げます

さて 私こと

このたび一身上の都合により○月○日をもちまして退職致しました

在職中はいろいろとお世話になり ありがたく厚く御礼申し上げます

また退職に際しましては 温かいお心遣いをいただきましてありがとうございました

いたらぬ私ではございましたが 皆様方のおかげをもちまして実りある日々を過ごすこと

ができましたことを 心から感謝しております

人生の貴重な体験として 今後に活かしていくつもりでございます

末筆ながら 皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます

簡単ではございますが お礼かたがたご挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月

 

文例11

謹啓 ○○の候 益々ご清祥のこととお慶び申し上げます

平素は格別のご高配を賜り 厚く御礼申し上げます

扨て この度私は ○○を退任いたす事になりました

○○在任中は 公私共に格別のご芳情を賜り 大過なく業務を遂行できましたのもひとえ

に皆様方のお陰と心から謹んで厚く御礼申し上げます

尚 今後の一段のご支援を賜りますよう 何卒宜しくお願い申し上げます

まずは略儀ながら書中をもってご挨拶申し上げます

謹 白

平成○○年○月吉日

 

文例12

拝啓 ○○の候 ますますご健勝のこととお慶び申し上げます

さて 私こと

このたび ○月○日をもちまして○○○○○○を退職いたしました

在職中は公私にわたり温かいご指導と格別のご厚情を賜りまして深く感謝申し上げると

ともに心から厚くお礼申し上げます

これからは健康に留意し一日々を大切に家族とゆっくり歩んで行きたいと思っております

今後とも変わらぬご厚誼を賜りますようお願い申し上げます

末筆になりましたが 皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げお礼のご挨拶と

させていただきます

敬 具

平成○○年○月

 

文例13

拝啓 時下ますますご健勝にお過ごしのこととお慶び申し上げます

さて 私こと

本年○月を持ちまして ○○高等学校を退職いたしました

在職中は公私共格別のご厚情を賜りまして ありがたく厚く御礼申し上げます

末筆ながら 皆様のご健康とご多幸を心からお祈り申し上げます

簡単ではございますが お礼かたがた御挨拶申し上げます

敬 具

平成○○年○月吉日

文例1

謹啓 ○○の候、ΟΟ様におかれましては益々ご健勝のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは、勲Ο等瑞宝章を叙勲なされましたこと、誠におめでたく、心よりの祝いを申し上げます。

ОΟО市議会議員として永年にわたり地方自治へご尽力されたご功績が、叙勲の栄誉として認められましたことは、私ども市民にとりましても、大きな喜びであり、誇りでもあります。

何卒、今後はお体をご自愛なされましてご活躍されますこと、心よりお祈りいたします。

まずは、略儀ながら書中をもちまして、ご祝詞のご挨拶を申し上げます。

平成Ο年Ο月Ο日

敬 白

株式会社 ΟΟ○○

代表取締役社長 ОΟОΟ

 

文例2

謹啓 ○○候、ΟΟ様におかれましては益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

さて、このたびは、勲Ο等瑞宝章を叙勲なされましたこと、誠におめでたく、心よりの祝いを申し上げます。

ΟΟ県ΟΟ業組合会長として永年にわたりОΟО業の発展と社会貢献にご尽力されたご苦労を察しますれば、はなはだ感服いたすばかりでます。

これまでのご功績が、叙勲の栄誉として認められましたことは、私どもとしましても大きな喜びであります。

今後とも、お体をご自愛されまして、後進へのご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願いいたします。

まずは、略儀ながら書中をもちまして、ご祝詞のご挨拶を申し上げます。

敬 白

平成Ο年Ο月Ο日

 

株式会社 ΟΟ○○

代表取締役社長 ОΟОΟ

 

文例1

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ暑さ厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

毎々格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

今後とも一層のご愛顧を賜わりたく謹んでお願い申し上げます。

平成Ο年Ο月Ο日

 

株式会社 ○○○○○

代表取締役社長 ○○○○○

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

 

文例2

残暑お見舞い申し上げます。

まだまだ残暑厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

毎々格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

日頃の感謝のしるしとしまして心ばかりの品を別送でいたしました。お気に召していただければ幸いです。

今後とも一層のご愛顧を賜わりたく謹んでお願い申し上げます。

平成Ο年Ο月Ο日

 

株式会社 ○○○○○

代表取締役社長 ○○○○○

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

 

文例3

残暑お見舞い申し上げます。

残暑厳しき折ですが、貴社ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。

毎々格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

さて、誠に勝手ながら当社では、以下の期間を夏期休暇とさせていただきます。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご配慮の程宜しくお願い申し上げます。

夏期休暇:Ο月Ο日(Ο)~Ο月Ο日(Ο)

平成Ο年Ο月Ο日

 

株式会社 ○○○○○

代表取締役社長 ○○○○○

〒000-0000 00000000000000000

電話番号 000-000-0000

会社名 :文永堂
代表者名 :伊藤 外志
住所 :大阪府大阪市中央区北久宝寺1-4-10 大成合同ビル3F
TEL: 06-6260-3303
FAX:番号 06-6260-3304
URL :http://www.buneidou.jp/
E-mail :support@buneidou.jp
営業時間 :9:30~18:30
定休日 :日曜、祝日
業務内容 :祝儀袋・不祝儀袋・挨拶状・リボン・記念品・贈答品・各種賞状